FC2ブログ

どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

2006.12.22
実際はふーんという感じだったけど
前日に某写真週刊誌の記事の事を知り、
今日(既に昨日か)の忘年会の帰りにコンビニで立ち読みをしてきました。

最初に2人の交際(?)の記事が出た時の私の感想は
実を言うと世間が騒いだような
『キャー!ショックー!』というものはまるでなく
中途半端なアイドルよりはかえって良かったんじゃないかなあ
と思ったくらい、どちらかといえば肯定派でした。

カワイくて、キラキラして、お洒落だった頃の彼女の姿を
よく知っている世代だからなのかもしれませんが。


そして、今回再びの記事。
記事の情報を先に知った時は
この時期にこんな記事が出るのはマイナスイメージが強いなあ
事務所がなんとか出来なかったのかなあ、
これを機に落ちていくなんて事があって欲しくはないんだけどなあ等と
非常にネガティブな感想を抱いていたのですが
実際に目にした写真は、2ショットがあるわけでもなく
写真も前のときみたいにハッキリとは撮れておらず
なんだか肩透かしな印象でした。

上からの角度で撮っていた写真、もっとハッキリ写っているのは
無かったのかなあと我侭なことを思ったりして。

記事の内容も、出演ドラマは2本とも不発だったけど
亀梨君の頑張りは現場スタッフにも伝わっていて
とても評判が良いみたいなことも書かれていて
落とそうとしているんだか、持ち上げようとしているんだか
よくわからんみたいな感じでした。

まあ、何だかんだ言っても
全ては明日(いや、もう今日だ)のMステでの彼の姿で
判断出来るのではないかな、と思っています。

前の時みたいに、生放送で見事なパフォーマンスを見せてくれれば
心のモヤモヤが全て払拭されるのでは無いかと思っています。

こういう時のキラキラ度が、
彼の進む方向を大きく左右するような気がします。

手抜きは無用!であることを期待しています。

スポンサーサイト




00:55  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/123-e76ebe90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)