どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2012.06.06
とにかく最高のライブ~その7~
東京ドームライブから1ヶ月以上経ちまして
余韻に浸る時期からは、さすがに脱出し
もう記憶もあやふや状態です。

とにかく次に進まなきゃ・・ということで、
一気に片付けます。



<喜びの歌>
やっぱりラスト近くはこれだな、ってくらい
この位置で「喜び」だよなみたいなものが
定着した曲だと思います。

「止まらねェーーー!!!」

この言葉で会場は更にヒートアップ!
体内のアドレナリンとかテンション上がるホルモンみたいなものが
みんな出まくり状態だったのではないかと思います。

「peaceful days」
“喜び”の後のこの曲はもはや最強です。
そーいえば、私が観た日の京セラでは
たっちゃんがジャンプしていなかったのが気になったんだけど
東京では3日ともジャンプしていて(よな?)、安心しました。

「勇気の花」
正直、CDでこの曲を聴いた時
いい曲なんだけどそれほどでも・・という感じを
私は抱いてたのですが、

いやいや、
ライブで聴いたこの曲は
すーっと心の奥に沁み渡りました。

とにかく素晴らしかった。
今回のライブがとにかく良かったこと
それを集約するような見事な歌声だったと思います。

---------------------------------------------------
*アンコール

「Real Face」
後で知るところとなったんですが、
アンコールの最初にこの曲を持ってきたのは
意味のあることだったようですね。

公演中、そのことは知らなかったけれど、
巨大チェイン(鎖)と共に3階席近くの高さから現れた
気球に乗った5人の姿は圧巻でした。

3階席の高さで客席とのあの距離感って
なかなか難しいことだと思うんだけど
それを実現させたことにとにかく拍手を送りたいです。

今回のライブは内容の素晴らしさもだけど
どこの席からも楽しめるってことを
みんなが実感したんじゃないかって改めて感じました。


「CHAIN OF LOVE」
アルバムの隠し玉として収録されていた曲、
最初に聴いた時は、悪くは無いんだけど・・今一つパンチが・・
なんて思っていましたが
いや~~ライブで聴いたらなかなか良かった。

『愛を繋ぐ』戦士達のヒーローソングみたいで
ちょっと楽しいんですよね。
(SOLDIERと対極にあるような)

あ、こういう風に感じたのは私だけ?

「DIAMOND」
この曲もライブで聴くことが出来て良かった。
とにかくTVで流れていた時からいいなーって思っていた曲なので。

---------------------------------------------------
*ダブルアンコール

「Going!」
ダブルアンコの1曲目はこれです。
やっぱり気持ちが上がる曲だなー。

ていうか、気持ちは相当上がってるんだけど
更に上げてくれる。

「WILDS OF MY HEART」
ドーム3日目でこのイントロが流れた時の
場内のコーフン度がすごかったです。(もう、『キャーーーー!』でした)

まさか聴けるとは思っていなかったので
すごく嬉しかった!
アルティメ無かったのは仕方が無い(まだ言ってる・・)
でも、ワイルズが聴けて本当に良かった。
涙が出そうでした。


「ハルカナ約束」
締めはこれですね、
でも東京ドーム初日から聴けるとは思っていなかったので
ちょっとビックリ。

みんながみんな3日間行けるとは限らない
今回はそれこそ初めてのお客さん達も沢山いるということへの
配慮かなと思いました。

「2年振りに観に来た人も初めて観に来た人も」・・の言葉通り
改めて皆が楽しめる、ということをベースに考えられた
今回のライブ

それがまた次に繋がる為の「約束」ってことでしょうね。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ということで、後半かなりざっくり感想でしたが
東京ドームライブ感想をこれで締めくくります。

5人の挨拶に触れてませんでしたが
とにかく印象的だったのが
聖の言葉は当然なんだけど、
たっちゃんがとにかく『僕はとても楽しかった』みたいなことを言ってて
それにすごいジーンと来たところがありました。

彼は5人の中で一番気分に左右されやすい人だと思うので
その人が『自分がとにかくすごく楽しんだんだ』って感じたってことは
本当に心底ライブを楽しんで、もちろんそれが観ている側にもすごく伝わって来て
だから他の4人もきっと楽しくて
そして、会場全体が楽しくて仕方が無かったライブだったんだよなあってことを
公演中ずっとずっと、公演が終わった後も余韻を引きずるくらい
感じていました。


この5人だったら、この先もっともっとすごいものを魅せてくれるに違いないと
確信出来たそんなライブだったと思います。

あんなに東京ドームが狭く感じるなんて、
初めててっぺん席から観た時には想像もしていなかったことです。

アリーナの近さも魅力だけど
この先、東京ドームだけ確実に押さえるってのもアリだなって
思ったくらいの内容でした。




スポンサーサイト
16:15  ライヴ comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。