どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2012.05.06
とにかく最高のライブ~その6~
亀ラジで映画のお話出ましたね。

撮影の前に舞台みたいに稽古があるって
それがとても楽しいって。

うわー、一体どんな稽古なんだろう?

映画の撮影も台本の順番に撮って行くっていう話なので
(北野映画みたいだな)
亀ちゃんの場合映画出演は2度目だけど
色々と新鮮な楽しさがあるのでしょうね。

公式発表があった後だからってのもあるけど
今後も映画については情報を
ラジオで披露してくれるみたいなので
そのあたりも楽しみです。


<SOLDIER>
だんだん記憶が薄れて来ましたが、
この曲の旗と5人のコントラストと言っていいのか
画的な部分がすごい印象にあって
とにかくカッコ良かったなーって思いました。

曲順も良かった。
ライブで披露された曲の中で
ちょっとテイストが違う感じも良くて
アルバムで聴くよりも生で聴いた方が
もっと情景が浮かんでくるような
そんな曲でした。
出来れば制服(軍服)っぽい衣装で歌って欲しかったな。


<あの日のように >
この曲も生で聴いた方が断然良くて
SOLDIERとの対比もあるし。
あと、京セラで聴いた時より
5人の歌声が更に良くなっていたように
思いました。


<歩道橋>
これも本当に演出効果もあってか
すごい良いんですよね。
2日目はアリーナだったので
位置的には聖が近かったのかな?
とにかく近くにいる人達を
順番に観ていました。

ラストはどうしても亀ちゃん観たかったので
時々双眼鏡を使いながら。

夕暮れの鉄塔のてっぺんに佇む5人の情景が
本当に素敵でした。


<NEVER×OVER~「-」IS YOUR PART~>
これはホント、楽しかったー!!
カップリング曲で発売された時に
妙な感じになっちゃったので、最初は正直複雑な感情があったんだけど
5人と会場のみんなの力で見事盛り上がりの楽曲へと
転身しましたね。

振りがかなりうろ覚えだったけど
それでも十分楽しめました。
1日目、2日目は無難にやってたけど
3日目の亀は腰振りが・・押さえ目ではあったけど。

それからこの曲の終盤のFLASH-TREEと5人のダンスは
本当にしびれるほどカッコ良かったです。
ただ、この部分のカッコ良さに気付いたのが
何故か2日目のアリーナ席でだったんですよね。

どうして?自分。


<GIVE ME, GIVE ME, GIVE ME>
で、NEVER×OVERの流れからのこの曲が
これまた悲鳴を上げるくらいカッコ良くて。
25mのムービングステージと FLASH-TREEとガシガシ踊る5人が
もう本当に素敵過ぎて・・・・
ラストの日はもう双眼鏡で亀ちゃんの動きをかなりチェックしてました。

そういえば、このムビステで炎が上がる演出って
何度見てもKAT-TUNが燃えてしまうんじゃないかってくらい
火が近いし迫力あるんですよね。

あそこで平然と立っている5人を改めて尊敬しました。


<LIPS>
で、コーフン状態の続くままこの曲へ入り
ムビステから5人がバラけるんですが
亀ちゃんだけステージに残ります。
で、1日目の膝立ちして腰ガンガン振っている様子が
もうそれはそれは扇情的で。。。
残念ながら2日目と3日目は無かったんだけど
その代わりラスト日はムビステ上で腹這いになって
手を下へダラーン、そこへじゅんのがジャンプしてタッチ
次に聖がジャンプしてタッチ。
城の上にいる姫に従者たちが(失礼)・・みたいな光景で
(ロミジュリって声もあったけど)
観ててすごい楽しかったです。






スポンサーサイト
20:51  ライヴ comments(0) no-trackback
comment
write comment







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。