どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2012.03.05
ビバ!京セラ!
京セラ、行って良かったです。
私の中で本当に大切な日になりました。

きっかけはお友達からいただいたメールでのひと言に
「行く行く行くーーー!私も行くーーー!!」って感じで
乗っかってしまったことだったんだけど
あの言葉が無ければきっと今回のことはありえなかっただろうなあと思うと

本当に感謝です。

亀ちゃんがきっかけで知り合った3人で行けたのが尚更感慨深いです。
寒いし天候も悪かったし・・な1日だったけど
すごい幸せな気持ちで帰路につけました(感謝感謝です)


実は私だけ帰りは1人だったんです。

個々の事情により、お友達2人はダブルアンコールの前に京セラを後にしなければならなくて
でも私はどうしても最後まで観たくて
我儘を言わせていただき、別の新幹線で帰ることにしたわけです。

でも、こんなことを言ってはあれだけど
ダブルとトリプルアンコを観られなくても
十分満喫出来たライブだったと思います。


行った人たちが口を揃えて言っていた「大人なKAT-TUN」
それは体感して本当に良くわかりました。

大人で且つプロフェッショナルなパフォーマンス。
「魅せる」は当然、基本的な「観せる」を意識した
大きな箱で行われる洗練されたそれはまさにSHOW!

KAT-TUNの5人が、色んな人達に自慢したくなるくらい本当に素敵で、
そしてそんな5人が心底楽しんでいる様子を
観ている私達も当然楽しくて仕方が無くて。


今までのライブはどうしても
誰かの姿を確認しないと楽しめない部分が私の中にはあったんだけれど
昨日のライブは、誰の姿も確認出来なくなる瞬間があったとしても
その空間に身を置いていることがもう、この上無いくらい幸せで。


ただ、一つだけ残念なことを上げれば、

アルティメを歌わなかったこと!

アルバム曲で唯一披露が無かったんですよー(T_T)

時間の関係なのでしょうか、でも東京ではぜひとも歌っていただきたい。
切にお願いしたい


実は今、アルバムを流しているんですが
ライブの後はまた違って聴こえてきます。

「BIRTH」で泣きそうになった。。。


ちなみにライブで一番ナミダボロボロだった曲は

なぜか「LIPS」

理由は自分でも全くわかりません。


あー、もうちょっとちゃんとした感想を綴りたい・・・
ということで一旦アップします。

時間が出来たら、もっと細かい感想を。





スポンサーサイト

23:14  ライヴ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1208-ab7d9ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。