どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.12.28
いまだ引きずってます
ベムのこといまだ引きずっていて大変です。

時間が取れないのでフルでの最終回リピートは出来ていないのですが
細切れに部分部分を何度も見直したりして、その度に涙腺が崩壊しています。

最終回の私的涙腺の崩壊ポイントがいくつかあるのですが
その中の一つがコンサートホールでの緒方博士の表情。
涙目をとにかく見開いて、決して目を逸らさず
ベム達に起きている辛くて悲しい事実を
一生懸命見ようとしているあの目。

この場面を観ている時の私の顔もおそらく
緒方博士と同じような目をしていると思うんです。
あまりにも悲しい展開・・かと言って目を逸らすことも出来ず
溢れんばかりの涙をこぼさぬように
目を見開いて画面を見ている・・という。

でも緒方博士のあの表情を見た瞬間、もうたまらなくなって
それまでかろうじてこぼさずに保っていた涙が
一気に溢れ出してしまう、、、

もうなんかねーたまらんですよ、最終回。


正直、8話までの段階では
私はやっぱり「野ブタ。」の方が全然好きだなーって思っていたのですが
最終回を見て、「野ブタ。」も好きだけれど「ベム」も好き!に
ガラリと変わりましたから。

どっちがっていうのは決められない、どちらも大好きな
私の中で大切なドラマとなりました。

「ベム」全10話で一番好きなのは最終回、次に好きなのは第4話。

4話の、「火事の中、少年を助ける帽子のお兄ちゃん」の場面が
特に好きです。

あの子は大きくなった時にあの時のことを思い出して
どう感じるのかなあ・・なんてことを想像すると
これまたたまらなくなるのです。


あ、そういえばサキタさんのサントラも買いました。
放送終了後、たまらなくなってamazonをクリック。

今も聴きながらキーボードを叩いておるのです。



スポンサーサイト

00:42  「妖怪人間ベム」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1195-2f75d6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。