どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.10.22
さあいよいよ
ベム初回放送日がいよいよやってきて
今はとにかく胸がワクワクしております。

振り返れば、最初にツイッター上で
「ベム」って文字を発見した時
正直目を疑い、めまいまで起こしそうな衝撃を受けましたが
(この時ほど『デマであってくれー』と思ったことは無い程)
その後正式発表があり、ある程度の覚悟を決めたものの
不安要素がいっぱいでした。

不安な気持ちが少しずつ軽くなっていったのは、まずメインキャストの発表、
河野Pからドラマの世界観が語られ
衣装・ビジュアルの公開、脇キャストの発表、番組宣伝ポスター
TVCM(小林清志さんの声含め)、主題歌のタイトル、メインテーマ曲のリメイク等
次々と公にされる情報が全て私の琴線に触れるものだったことが大きかったです。

ただ、途中少し不安感が膨れ上がってしまったことがあって
それは、いわゆる番組の予告&メイキングでの
家族団欒的な場面が紹介された時。

夏目刑事の家に招待された風の3人の映像、
ごくごく普通の家庭の風景の中に違和感ありまくりの3人の佇まいは
見方によってはある意味滑稽な面白さを醸し出してはいると思うのですが
それに合わせて3人での食事のシーン
(廃墟のような暗い場所でお箸使っているメイキングの場面)
を見た時は、え?こういうホームドラマ的な要素もあるわけ?
と、期待していたダークな世界観とのギャップにかなりの不安材料を抱いてしまったのは
正直なところです。

ただ、その後放送された番宣の中で
その廃墟のような場所での食事のシーンが
改めて紹介されたのですが
ベムの口元についた草をベラが取って食べてあげる場面、
ベムの「ありがとう」って言い回しが、すっごい面白くて
この台詞一つでベムの寡黙で生真面目な人柄が
とてもよく表れていて、その後のベロの台詞も含め
これって結構良いシーンなのかもしれないなって、思ったわけです。

実際のドラマがどのくらいダークな世界観を醸し出すのかは
まだわからないけど、合間にちょこっとこういうシーンがあると
逆に効果的だなって思いました。
(人間に憧れているから、少しでも人間っぽいことが出来ると
すごい嬉しいのですよね、この3人は)


そう感じてからはもう期待まっしぐらな感じです。
(そりゃもちろん不安が綺麗に払拭されたわけではありませんが)
こんなに初回放送が楽しみだったこと、今まであったかなあ・・


公式サイトのBBSを時々チェックして
いわゆる亀ファンでは無いと思われる方々の
書き込みを読んでいるのですが
今回はベムの実写化ということで
原作ファンと思われる方々の声が多いことに
驚きとともに嬉しさを感じます。
(特に男性の書き込みがいつもの亀ドラマより断然多い)


そういえば書き込みの中に
今回は亀ちゃんの番宣出演が少ないって声もあったのですが
私は今回のベムに関しては、番宣とかはほとんどやらなくても
良いんじゃない?って思っていたくらいなんです。

出来るだけ露出を押さえて、ドラマの情報をあまり公開しない方が良いんじゃないかって。
だから、昨日の生番宣も正直『うわ、出過ぎじゃね?』って思ったくらいで
でも、PONとヒルナンデスはかなり面白かったので
(スッキリの暖かい感じも良かったです)
それはそれで良かったんですけどね。

今日のズムサタも最初からの出演だったので、編集が大変でした。
しかし、亀ちゃんがメディアに登場すると
ツイッターでは最近「バニー」の文字が炸裂していて、
それはそれで注目を引いている感じなので
結構生番宣も効果大なのかもしれません。
(ちなみにバニーとはベム脚本の西田さんが手がけた「TIGER&BUNNEY」の
バーナビー・ブルックスJr.のことで、髪型が今の亀ちゃんのヘアスタイルに似ているのです。
私はこのアニメ、1話分しか観たことが無いのですが)

あと、福君の存在ってかなり大きいなあって思います。
なんか、かわいーいーってだけでは済ませられない感じの印象を受けます。
(亀ちゃんに電子辞書を買わせた杏さんの存在ももちろん大きいですが~笑)



まあなんだかんだで、今の心境は
かなり期待の混じったワクワクドキドキです。

今一番楽しみなのは、見終わった後の自分が
一体どんな感情なのかということ。

面白かったー、なのか
うーむ、なのか(今までこれが多かった・・)
それとも全く違ったものが込み上げているのか。


さあ、どうなるのでしょう。














スポンサーサイト

11:50  「妖怪人間ベム」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1170-38d2c581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。