どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.09.23
ここまで違うと
ベムの予告が流れ始めましたが、
かつてのアニメ作品の傑作選も放送され始めました。

で、観ましたよ9/22放送の「階段を這う手首」。
さすがに当時の記憶はまったく甦らなかったのですが
今でも十分楽しめました。

見ながらふと思い出したのが
私って、ベムが持っているステッキの質感や
それを3本の指で持つ手の感じとか
コツコツとした固い響きとかが
当時すっごく好きだったのです。

亀ちゃんが持つステッキもこんな感じになるのかな。


で、アニメを見ながらもう一つ思ったのが
ベムっておじさんというよりは
おじいさんって感じですね
特に帽子を取った時のあの老けこみ方!!

ツイッターとかで遠藤憲一さんのイメージとかいう
つぶやきも見かけたのですが
いや、あの老けこみ方はエンケンさんよりかなり年上
一番イメージとしてマッチするのはユル・ブリンナーかな。


いろんな外野の声も聞こえてきますが
じゃあ、ベムに近いイメージの人が実写版をやったとして
さてそれを観たいと思うか?

私はノーだな
どうせやるならガラリとイメージを変えた方が面白そう!って思うじゃん。
ま、そう思うのは私が亀ファンだからってのもあるでしょうが。


ベムサイトで公開された画像も、昔の少年活劇的レトロな雰囲気で
とても良いです。

予告、衣装、画像、主題歌のタイトル、
河野Pの思うイメージ(だって、「ポーの一族」って来たらキャーって思いますよ私)
いまのところ全て私のツボを突きまくっています。

あとは脚本と演出だー


そういえば、公式P画像の柄本さんがアニメ版ベムそのものの衣装を着ているのが
とても気になっています。


マキアの亀ちゃんもマント風(ポンチョ風か?)ニットで
ちょっと流れもの風。
2011年版ベムのテイストを感じるスタイリングでした。
(チェックのシャツから覗く胸元を見て、たくましくなったんだなーと改めて感じる)



以下拍手御礼です。




>Mさん、ありがとうございます。

私と全く同じ心境の流れで来られてますね(^^)
確かにドロロン閻魔くん・・・笑
あとはダークな世界観を貫いて、視聴者に媚びることなく
やって行って欲しいです。

スポンサーサイト
23:52  「妖怪人間ベム」 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1162-e2982916
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。