どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.12.09
短くなって黒い髪
「僕らの街で」の発売日当日のズームインで
亀梨君の髪型が変わっていたのはチェック出来たけれど
この番組で流れた映像はあまり喋るシーンが映らず
ちょっと欲求不満モードでした。

しかし、Mステはなかなか良かったのではないかと。
本放送前の「ミニステ」では
いつになくテンションの高い5人が見られたし、
(アナウンサーの影でVサインを出す亀梨君がカワイイ)
楽曲提供者の小田さんが見ているらしいということで
緊張気味の5人ではあったけれど
6人→5人の物足りなさを感じさせないようにと
頑張っている姿がとても好感が持てました。
ムリしているという感じでは決してなかったし。

生放送の歌ということで、心配だったけど
なかなか綺麗な歌声に一瞬「口パク?」とも思ったけれど
(ファンブログを回るとどうも生歌だったという記述が多い)
アカペラの部分の素朴な感じや、
最後の方の亀梨君のソロ(音が高くなるところ)も
とても良かったのではないかと思います。

しかし、カツーンってレコーディングの時は
(今回に限らずってことだよな)
一人一人別々で録ると聞いてビックリ。
それをちゃんと違和感無く一つの曲にまとめる技術が
今はあるのだなあと。

田中君は金髪がとても似合っている。
J-webの「中丸のページ」によると
雑誌の取材の為、スタジオに入ったら
聖君が茶髪になっていたことにビビり、
亀梨君が黒髪になっててさらにビビったらしく、
「みんなどうしたんだろう?」とコメントしている。

そりゃ突然その姿を見たら驚くでしょう。
ビビる中丸君を想像するといと楽し。

今日放送されていた「ひと恋」直前スペシャルでも
その黒髪を平岡君に指摘されていた亀梨君の姿がありました。

でも、黒髪もなかなかいい雰囲気です。
亀梨君は茶パツのイメージが強いせいか
キャラが立っている役でないとキビシイかな?と思っていたのですが
黒髪の亀梨君はかなり地味な雰囲気になるので
普通の青年役(少年役)もOKのように思えます。

MステではPVの時の衣装で、それが短くなった髪型に
とても似合っていました。
歌の中で中丸君と2ショットになるシーンは
背中合わせってだけで、だんだん淡白になるなあと
ちょっと残念だったのですが
最後の「町」って手話で左手にチュッとやるところは
亀梨君の本領発揮!という感じでした。

この曲を歌う5人の姿をもっと見たいぜ!というのが
今の心境でございます。

あ、月曜日の「いいとも」テレホンゲストが
中丸君らしいです。
うわ、カツンで初めてではないですか!
次は誰に繋ぐのかなあ。きっとカツン以外のメンバーなんだろうなあ。


スポンサーサイト

17:53  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/116-28000633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。