どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.09.08
行ってきました
今、屋良君が出てた時のドリボのDVDを流しながら
これを打っているのですが。


今日、帝国劇場に行ってきました。


今回のドリボ、これから行かれる方がいらっしゃいましたら
極力情報を入れないで観劇されることをお勧めします。



てことで、感想は続きから(^^)


これから行かれる方は覗かないでね(^_-)-☆

natto

※並んで食べて来ました。









今までのドリボと比べると
全体的なストーリーは一緒なのですが
かなり変更になった部分がありました。

おかげで、物語にまとまりが出て来たというか
展開がスピーディーで、ツッコミどころ満載のストーリーでも
かなり引き込まれて観てしまう

そんな感じ。


物語の導入
起承転結でいうことろの「起」の部分を
KAT-TUNの昨年・・いや一昨年からのあれこれと
つい重ねて観てしまう自分がいました。

カズヤ、コウキ、ユウイチの3人を
亀ちゃん、聖、ゆっちのKAT-TUNメンバーが演じているので
「かつての仲間とまた一緒に歌いたい」・・というユウイチの想いが
ストーンと観ている側の心に入って来たりするんですよ。

その辺りは、今までのドリボより感情移入がしやすかったというか。


あと、観る前に心配していたABC-Zの不在は
観劇中全く気にならなかったです。

とにかく出演者みんなすっごい頑張ってました。
樹君の演技も上手く、今回、チャンプの弟がちびっこじゃなかったことで
物語に締りがあったような印象があります。



今回のカズヤは何かが違う・・・


どこが・・と問われると上手く説明出来ないのですが
家に帰って読んだパンフレットのインタビュー記事にその答えがありました。

亀「今回のカズヤは始めからちょっと芯があるんですよ。」

なるほどなあ~と納得。


そして聖はその上を行く、包容力のあるチャンプを演じていました。

聖ってドラマとかでどちらかというと下っ端気質の役柄を演じることが多いけど、
一度包容力のある人物を演じるのもいいんじゃない?って思ったくらい
なんか今回のコウキには慈愛みたいなものを感じました。


ゆっちのユウイチは、とにかくハマってた。

彼の、もう一度3人で・・という言葉がとても切なくて
やることが裏目裏目に出てしまう役どころがすごく似合っていて

台詞回しも良かったです
あと、歌声が綺麗。

若い頃の徳永英明さんみたい?ってちょっと思った
美しい高音でした。


あ、そうだ
物語の終盤で気づいたんだけど

チャンプ、「FIGHT MAN」歌って無かった。

パンフレットのMUSIC LISTには載っているんだけど
歌ったのは「ANARCHIST」だけだったと思うし。

「FIGHT MAN」歌って欲しかったなあ。


「ANARCHIST」に被せてくる「絆」?のカズヤの歌声が綺麗だった。


あ、そういえば「愛しているから」のギターコード間違えたんだよ。

あれ?何か変?亀ちゃんコード間違えた?って観てたら

自己申告があってやり直しを樹に求めて

歌い直してました(^^)


サーカス→棺桶の前でロスマイあったー!

ほぼ真正面から観るロスマイはすごい良かったです。
踊りにキレもあったし。


あ、ちょっと戻りますが
ボクシング入場のシーン、通路から3番目の席だったので
亀ちゃんのお顔をガン見。

目を伏せたその冷たい表情にゾクソクッって来ました(^^)


雑技団verのバンジーは
その難しさが伝わってきました。
技に入る前の息遣いが伝わって来るの。
よくバランス崩さないでいられるなあと改めて感心。
簡単に回っているように見えるんだけど(それがプロだよね)
相当難しいと思います。

2幕目最初に新曲がありました。
今までのテイストとこれまた違ってちょっと新鮮。

そうだ、今回のドリボは
ライティングがクールでカッコ良かったと思うんですよね。
セットと照明のバランスとか。



エンディングのフライングは、客席の方までせり出してくれて
やっぱり感動。


最後は定番の「挑戦者」なんだけど
私、今までこの曲って右から左って感じで
どうしても心にとどまってくれなかったんですが
何故だろう?今回はとても心に響いちゃって
歌詞が心にこれまたストーンって入って来たんです。

どんな歌詞か忘れちゃったんだけどね(^_^;)


ショータイムは群舞が無かったからとてもスッキリしてました。

ちょっとサミシイなあーって思ったけど
でもいい舞台でした。


亀ちゃんの1582、本当は男verも観たかったんだけど
まあ、仕方がないですわね。


3人のトークはまるでコンサートのMCみたいで
とても楽しかった。

ベム情報もちょろっとありましたよ。
(聖に『ベム梨ベム也』って言われてた)


あ、そうだ
3人で「Run for You」歌い始めた時
ライブやって欲しいーって心の底から思ったのでした。











スポンサーサイト
23:04  舞台 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1155-db41a65c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。