どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.08.29
面白いよ
ドリボとドラマを控えて
雑誌ラッシュがすごいです。

最近購入したのは
MAQUIA、Hanako、TV navi(smileじゃない方)、with 

ですが

亀ちゃんのショット、どれも良かったです
特にHanako。


ここでは、テキストが面白かった
MAQUIAとnaviの感想を取りあえず。


MAQUIAを読んで思わず声を出して笑ってしまったところが

「昔から、黙って立っていれば愛されるタイプじゃないっていう自覚がある。」

って箇所。


亀ちゃん自分のこと、よくわかってるんだなーって。


黙って立っていても愛される人の代表格はきっと山Pで
亀ちゃんは動いてナンボ、表情が変化してナンボの人だと思います。

そのことに気付いたのっていつ頃なんだろう
周りの人たちと自分を比べて
早い段階でわかっていたのかもしれないし
そうじゃなくても今現在それを自覚しているのだから
見ている側としては心配することは何も無いって感じ。


ところで、ここのところ亀ちゃんへのインタビュー記事は
恋愛絡みの内容が多いのですが、
慣れたせいもあるのか、特にドキドキハラハラもせず読めるようになりました
そんなに話していいのかい?ってくらい
いろいろ語っているようですが、まあ面白いから良しとしよう。



TV naviのドリボ3人組の対談も
面白かったです。

そういえば、withの亀ちゃんはもちろんだけど
聖とゆっちのモノクロショットも良かったです。

naviの対談ショットもなかなか良かったですけど
この記事ってsmileとは内容違うのですよね?
(smile読んでないのでよくわからず)

3人の対談の特に終わりの方が面白かったのですが

亀ちゃんはどうも今回ゆっちが参加することで
桟橋のシーンを心配しているようなのですが
ここでゆっちが爆弾発言

「正直毎回観ていて、桟橋のシーンは場面として
いらないんじゃないかって思うこともあったんだけど・・」


これに対して亀ちゃんがどう答えたのかというと
毎日違うところはそこの場面しかないので
(つまりアドリブ満載ってことね)
お客さんが楽しみにしている。
クオリティを上げる舞台を作るのが目的だったら
無くてもいいと思うんだけど・・・


ゆっちのあの世界をバッサリ斬ってしまうような
しかし核心をついたとても鋭いツッコミと
ドリボを観る正しい姿勢を代弁してくれているような
亀ちゃんの言葉が、いやあ非常に興味深く・・というか
とても面白かったです。


ま、お客さんの・・っていうか亀ちゃんの楽しみに
どれだけゆっちが付き合ってくれるのかが
今回の見どころかもしれません。


あ、ズルイパンツになったとたん
wingのCMを見るようになりました。良かった。









スポンサーサイト

00:39  雑誌 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1151-8d0274f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。