どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2006.12.08
どちらがメインかわからなくなっていましたが
「うたばん」、なんだかんだで結構爆笑してしまいました。

まず、ハワイに行った田口&中丸に
香水を買って来てとお願いしていたらしい亀梨君。
面倒だからという理由で買ってこなかった腹黒王子田口君に対して
ちゃんと買って来てくれた中丸君にモエ。

さて、理想の女性ファッションが「CA」の亀梨君。
発想がオヤジくさいというか、マニアックというか。
しかしその格好をした相手が大島さん(森三中)だったのは、
ベストセレクトだったのではないかな。

CAの格好でパカッと開いてしまう大島さんの膝の間を
手の平で必死に隠そうとする亀梨君、
壊れてしまったイスの肘掛の部分を一生懸命支えている亀梨君、
大島さんがズルズル上げているスカートを
くいくいと引っ張って下げようとしている亀梨君が
暴走する姉の行動を必死でセーブしようとしている妹みたいに
見えました。

「走ってくる車から彼女を守ろうとして倒れてしまう」という
シチュエーションを作ろうとするも
足腰の丈夫な大島さんが全然倒れてくれないので
足を掛けて必死で倒そうとする亀梨君の姿もツボでした。

ところで、このシチュエーションゲームで
「恐かった?」と言いながら彼女を抱きしめる~を演じた
田口君にモエました。

背の高さと手足の長さは、
ああいうシチュエーションでは非常に武器になるのだなと
改めて感じました。
相手がオタクっぽい雰囲気を醸し出した芸人さんだったので、
王子キャラの田口君とは妙にマッチして
(お似合いというわけではなく、そこからストーリーが生まれそうな感じ)
ビジュアル的には面白い組み合わせだなと思いました。

中丸君を見ていて思ったのは、
彼はああいう場でも素で照れてしまうところがあるみたいで、
それを取っ払えば、もっと良くなるのになと思ったのですが。
まあ、そういうところが彼の魅力なのかもしれないけれど。

スポンサーサイト

00:20  TV comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/115-5fab372b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。