どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2011.03.12
帰宅出来ました
昨日は、営業車の戻りを待ち
5人乗りの車に7人乗って、取りあえず
「ここからなら歩いて帰ることが出来るから」という場所で
降ろしてもらいました。

幸い夫の職場の近くだったので、
入れ違いになりながらもメールがなんとか繋がり
会うことが出来て
一緒に歩いて帰宅しました。

道中街中は、こんな時間にこんなに人がゾロゾロ歩いている・・
という状況で
途中立ち寄った数件のコンビニは案の定
食料棚がほぼ空っぽなのに
それでも人々は何かあるかなと次々に店内に入っては
あきらめ顔で去っていくという光景が見られました。

家に着いたのはちょうど深夜0時頃
きっと家の中はグチャグチャ・・と覚悟していましたが
ほとんど被害は無く、ガスも普通に使えました。

とりあえず発泡酒と魚の缶詰と冷凍のシューマイを温めたもので
お腹を満たしました。


で、二人とも崩れるように眠りに入り

朝起きた時は、夫は仕事に出かけてました
妻の私は起きて実家に電話、改めて無事を報告。

小さくはなりましたが、まだ余震は続いてます。

次々と明らかになる被害の大きさに
心が痛みます。


安否を気遣うメールには本当に気持ちが救われました。

ありがとうございました。


こちらのブログにも東北方面の方々にもよく閲覧いただいています
岩手には昨年のコンでお会い出来た方々もお住まいでいらっしゃいます。


どうかご無事でいらっしゃいますように。




スポンサーサイト

13:02  雑記 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1099-de857655
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。