どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.12.30
DVD一気観!
年賀状印刷の途中で
10年程使い続けていたプリンターが壊れました。

うう・・これから亀仕様の年賀状作るぞーって時に・・

結局、絵ハガキ買いに走りました。


ソリオのCMを世界工場の番宣的番組でようやく捕獲、
世界工場でも流れてましたけどねー。

取りあえず一安心。



ライブDVDを昨日1日で全部見終わりました。

繋ぎの場面がスパッと編集されてたり
(亀ちゃん扇上の舞からセンター花道に移動するところとか)
するので、えええー!って感じもあるのですが
途中中だるみすることもなくホント一気に観られました。

ミュージックビデオというかアーティスト的ライブDVDというか
そんな感じ。
J-Webからメール届く前に見始めており
さすが設置カメラの台数だけあって
いろんなアングルから撮られていたり
表情の切り取られ方が今までとちょっと違うかもと思っていたのですが
メールで亀ちゃん、そのことにも触れてました。

リアフェの時、
KAT-TUNとファンの存在を同時に感じ取れる場面があって
ああ、今回のツアーはこういう感じで
彼らもファンも一緒に楽しんで来られたんだよなーと振りかえられるものがあって
じわっと涙が出てきたり

今まで、ライブDVDを見る時は
亀ちゃんの姿ばかりを追っていたんだけど
今回はどこを切り取っても楽しめる
亀ちゃんだけでなく、皆それぞれをみていたい
そんな気持ちにさせてくれるものでした。


ものすごくカッコつけて近寄り難いオーラを放っているのに
手の仕草がすごく可愛かったり
サングラスを外した後の笑顔がやっぱりキュートだったり、

中丸クリニックでのコロコロ変化する表情と大阪弁の可愛さ加減に
釘付けになったり
(それに対する中丸Dr.の無表情さ加減も楽しかったり)


やっぱり亀ちゃんの一挙一動には魅せられてしまいます。


京セラ最後の「ハルカナ約束」に映像をオーバーラップさせる演出に
再び涙が・・・

MCは別枠になってましたね
ここはどうせなら本編と繋げて欲しかったけど
まあ文句は言えない、それだけ素敵なDVDだったから。

韓国・台湾ツアーは
こんな感じだったんだなーと
リハの様子も少しだけ盛り込まれていて
ステージへと向かう姿、ライブが終わった後の5人の姿まで。


京セラ、韓国、台湾
どれも参加していないツアーだったから余計に
初めて観るものを純粋に楽しみきった感のある
満足の行くDVDでした。


KAT-TUNファンで無い人にも
オススメ出来るんじゃないのかなあ
うっかりジャケ買いしてもらってでも
見て欲しいなあ。
(結構好きなんです、今回のジャケット)







スポンサーサイト

15:45  CD&DVD comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1069-214cb071
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。