どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.10.31
3話を見たら
亀ちゃんとは直接関係ないのですが
どうしようかなーと思いながら「Q10」の第3話を見ました

前回終盤に出ていた福田真由子ちゃんの存在が
ちょっと気になったので。


で、3話見たら
前回みないに集中出来ないってことが不思議となくなって
ドラマそのものを楽しむことが出来ました。

やっぱり好きです、木皿ワールド。


今回ドラマに集中出来た一番の理由はおそらく
主人公の佐藤君だけをクローズアップさせず
周りの人々にも同じように目を向け描かれていたことではないかなと
自分なりに分析しました。

野ブタ。は、あくまで3人が中心
そして彼らに助言をしてくれるちょっと変わってるけど優しい大人たち
そして、一部を除いてその他大勢的に描かれたクラスメート達

という図式でしたが
「Q10」の場合はちょっと違うようです。

こんなことを言っちゃちょっと悪いんだけど
周りの生徒たちを演じる役者さん達がなかなか魅力的なんですねー
個人的には細田よしひこ君、福田真由子ちゃんが気になる存在で、
あと賀来健人君もこのドラマではなかなかいい味出してるなあと
思います。

大人では爆問の田中さんと白石さんの親子がいいなあ
田中さんはちょっと、野ブタ。のセバスチャンを彷彿させるような。


そういえば、今回文化祭で舞台に上がった委員長が歌っていたのは「風」
野ブタ。では修二が「真夜中のギター」を歌ったんですよね

懐かしいなあ。



それから第3話でものすごーく気になったことがもう一つあって
これはちょっと大っぴらに話すのはマズそうなので
畳みます。

(でも、○chとかで結構言われてるみたいですが)





柄本時生君演じる藤丘というクラスメートがいるんですが
私まだ、1話を見ていないので
このあたりの人間関係や設定がよくわかっておらず
公式を見てみたら
家が貧しくて授業料が払えず除籍中という設定らしく
ああなるほどと激しく納得。

というのは、3話で卒業生らしい男から声をかけられ
楽して稼げる仕事があると3万円を渡されるんです
これ以上もっと稼げるから・・と甘い言葉をささやかれるのですが
藤丘は葛藤の末、貰った3万円を捨てる・・っていうか
クラスメート(Q10も含む)に見られてしまったからってのも
あるんですけど。

で、このお金の行方はどーでも良くて
問題はお金を渡した卒業生を演じた役者さんなんです。

見た瞬間、えええー!何か似てない?
おまけに役名が「西」
この卒業生は文化祭の場にまで来ちゃうんだけど
そこで校長に声をかけられ、彼が輝いていた頃の証であるトロフィーや盾を渡され
さすがにそれを抱えては悪いことは出来ないと
学校を後にするわけなのですが。。。


なんか、深読みしすぎなのかもしれないけれど
日テレ製作者側からのメッセージが込められているような気がして

ものすごーく気になりました。



スポンサーサイト
11:49  ドラマ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1044-bb66e591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。