どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.10.03
マウピ感想
ひゃー、気がつけば10月ももう3日目で
26日の代々木体育館マウピコンから一週間経ちました。

今日は最終日ですね

昨日の神戸、やっぱり亀ちゃん来たそうで
なになに、床にタオルひいて寛ぎスタイルで
見ていた場面もあったとか?


明日のたっちゃんバースデーの前に
マウピの感想をと思います。

あ、国勢調査もやらなくては・・・




初めて代々木第一体育館の中に入ったのですが
キャパ的にはエコパアリーナを一回り大きくした感じかなーって
思ったのですが
今振り返ってみると、あの会場の大きさにも
会場いっぱいのお客さんの数にもひけを取らなかった
たっちゃんのステージは
すごかったんだなーと改めて思い出されます。



FiVeのオープニングは、
会場を盛り上げようという熱い思いが強く伝わって来ました。
でも、「声出さねーと命はねーからなー」を聞き慣れている身としては
力也君の煽りの礼儀正しさが、とても微笑ましかったです。


そしていよいよたっちゃん登場で
「LOST」~「RABBIT OR WOLF?」で始まったわけですが
振り返ってみると、この2曲の流れが一番好きだったかもしれない。
「LOST」は生で初めて聴いたたっちゃんソロで
当時から結構好きだったんですが、
次が大好きなラビウルで
なんかこの2曲でテンションいきなりMAX!って感じでした。
ラビウルの時、歌詞の一部がバックスクリーンに映し出されるって
演出は結構好きでした。

今回のライブはこのスクリーンの使い方が上手かったなーって
思います。

で、「Love in snow」を4番目くらいに歌ったんだけど
うわーこれはもったいないなーって思っちゃって
もう少し曲順を後にして欲しかったなーって。
それにしても、海賊帆の頃と比べると
ずいぶん歌が上手くなったよなーって実感しました。


初めて聴いた「Deep red drop」ですが
黒っぽいマントを着て上からワイヤーで吊るされている背中に
黒い羽根が生えているような演出で、この感じ好きだなーって思いました。
地上に吊るし降ろされ行く堕天使という感じで。


この曲の時だったか、もっと前の曲でだったか
忘れちゃったんだけど
たっちゃんがすごい表情をした(ように見えた)瞬間があって
上手く表現出来ないんだけど『魂持っていかれた』的なそんな表情があって
うわ、こういう顔が出来るんだーって思ったのでした。



このライブの途中で、あー私はやっぱりたっちゃんのバラード曲が好きなんだなーって
再確認したんですが
というのは、100%の確率で涙腺が決壊するんです。
「花の舞う街」を最初は(会場の)みんなで歌ってということで
たっちゃんは歌わなかったんだけど
涙腺緩んだ私は心の中で「なんて無茶振りなんだー、歌えないよー」って叫んでました(^_^;)


「育ち島」、初めて聴いた曲だけど良かったです。
たっちゃんって沖縄に住んでたことあるんですね
知らなかった・・だから「育ち」島なんだ。


後半、「愛の華」と「花の舞う街」はやはり涙腺決壊でした。
続けて持ってくるなんてずるいよなあ。



で、今回のソロコンに行こうと思ったきっかけとなった
「MARIE ANTOINETTE」ですが
今一乗れなかったんですよ、実は。
これに関しては、曲順と座席並びの環境にも要因があるのだと思うのですが
(私と友人の両隣の人達がずっと座り族の方々で・・)
いやあ好きな曲だけに、非常に残念でした。


あと、たっちゃんって
KAT-TUNライブの時はSキャラなんだけど
ソロになるとそのSキャラが影をひそめちゃうみたいで
(前の時もそうだったのかな?)
特に今回は今年のKAT-TUNライブの流れもあるのか
バンドのメンバー、ストリングス、ダンサー達みんな横一線で
とにかく楽しもうよ!みたいな気持ちが出てて
会場のお客さん達もとにかくいろんな僕で一緒に楽しんで!という雰囲気だったので
どちらかというとSなたっちゃんワールドを期待していた自分としては
ちょっと違ったかなーってところもあったのでした。


でも、これは前にゆっちのソロコンを見たときに強く感じたんだけど
本当に彼らは「プロ」なんですね。
そのことは今回のステージでも強く感じられたことなのでした。



あ、あと
まさみさんが見られたのが嬉しかったです。

小柄な方なんですねー。






スポンサーサイト
16:50  ライヴ comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1031-d1b33d95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。