どこまで続くぞこのミチは

2005、堕ちてしまったこの道は一体どこまで続くのか
フリースペースです。

プロフィール

ozarto(オザート)/JPN

Author:ozarto(オザート)/JPN
「野ブタ。をプロデュース」
をきっかけに亀梨君に堕ち、
後はズルズル・・・今に至る。

自己紹介的文はコチラ
twitterアカウントは@kms223k(つぶやき少ないですが)

だっくくろっく

最近の記事

Twitter

ミチシルベ

J-情報

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  スポンサー広告 no-comment no-trackback
2010.08.04
求める愛情の強さ
「MAQUIA」のインタビュー記事のことは、
前にちょこっとだけ触れましたが
その記事を書いた芳麗さんのブログ記事のことを
綴りたいなーと思いながら今日まで来てしまいました。

(拍手コメントありがとうございました。
良いきっかけとなりました。)

山Pと亀ちゃんの二人をひと言で表すと
「対照的」という言葉が一番しっくり来るのかな~?と
私は思っております。
ずーっと前に修二と彰でHEY×3に出た時、
ダウンタウンさんとの座りトークで
亀ちゃんの話が止まらなくなって
『この子は一体何が言いたいんだろう?』と思いながら見守っていたら
案の定、話を中断し
「オチがわからなくなった・・・」と
MCの二人を困らせる始末。

この時の印象は私にとってはかなり強烈なものでした。


なので、芳麗さんの言葉で一番目を引いたのが


「感情的な人なので、心が揺れると、話が止まらなくなる。」


の一文。


亀ちゃんの魅力を作り出している重要な要素が
とにかくあの振れ幅の大きさというのは
とても納得のいくもので、
その振れ幅は全て
感情や愛情を求める気持ちの強さから来ているものだと言われると
なんだかすごく嬉しくて。

さすが、何度か会って話を聞いている人だけのことはあるなあと、
そしてそれを私達にも伝わる言葉で表現出来るって素晴らしいなあと。
結構難しいと思うんです、ここまで的確に亀ちゃんのことを伝えるのって。



でも、自分は愛情を求めるのに
相手が愛情全開で向かっていくと
するっと視線を外して
背中向けちゃったりするんだろうな、彼は。










スポンサーサイト

07:18  雑誌 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://jmeka.blog72.fc2.com/tb.php/1004-574cd599
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。